スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺町近辺に見るケータイ小説。

  • 2007/12/08(土) 01:23:54

008.jpg

はい、今何かと話題の恋空です。
新京極通りの映画館で上映中ですね。

何かもうポスターを見ただけでも
いたたまれない気持ちになってきますが…。
PC070876.jpg

四条駅の地下道を歩いていると、またもケータイ小説に
でくわしました。

………。

文章に触れる事は良い事だと思いますが
筆者が吸収する事無しに、いきなり"小説"を書いてしまう風潮はどうなんでしょう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

まぁ、賛否両論あると思いますが、文章を書くのが苦手でも、
アイディアを持っているという人には、ケータイ小説という
「手軽に書いても良いですよ」みたいな媒体は敷居が低く
感じるのでしょう。
元の文体などはともかく、この「恋空」のように、漫画や
映画といったメディアミックスの形をとって出てくるのは、
コンテンツ供給の面から言えば良いのかも知れません。

…が。
この「恋空」もそうなのですが、ケータイ小説には
死だのレイプだのと背徳的要素が多すぎな傾向があり、
それを小学生からが好んで見に行くという、この状況は
いかがなものか…とは思います。
筆者の実体験を基にしています、っていううたい文句も、
内容を考えると悪い方向に作用しちゃってる気がして。
悲劇のヒロインも、悲哀のヒーローも、現実に存在は
しないほうがいいものなのですよ~、と言いたいワタクシ。
なんでも規制ってのも反対なんですけれどね。

  • 投稿者: 寺町旅人
  • 2007/12/08(土) 10:06:51
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
社名ロゴ120×60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。